【俺の甲子園】2018年国民体育大会(第2回)

スポンサーリンク
番外編【俺の甲子園】
スポンサーリンク

2018年国民体育大会(第2回)

夏の甲子園ベスト8の学校が出場。
さらに開催地の都道府県から、
夏の甲子園出場校が出場。
その他、高野連の判断で3校が出場。
この大会では延長戦は無く、
9回裏で同点の場合には引き分けとし、
抽選によって次戦への進出を決める。
(現実にはタイブレーク制が導入されている。
抽選決着は現実の旧ルールを引き継いだもの。)
5回以降10点差・7回以降7点差でコールド。
引退した3年生が一時的に復帰。
優勝:極悪(愛知) 初優勝
準優勝:咲良(熊本)

出場校一覧

地区出場校出場回数夏の大会成績1回戦2回戦準決勝決勝
青森弘前工初出場ベスト8
宮城まおまお初出場ベスト8
千葉幕張初出場3回戦
富山初出場ベスト8
福井一乗谷初出場1回戦
愛知極悪初出場3回戦
滋賀浄西学園初出場準優勝
兵庫森具初出場ベスト4
鳥取米子米子初出場ベスト4
徳島長生初出場3回戦
長崎大崎高専初出場優勝
熊本咲良初出場ベスト8

1回戦

9月25日

弘前工(青森) 1 – 8 一乗谷(福井)⑦

極悪(愛知) 6 – 3 長生(徳島)

米子米子(鳥取) 0 – 5 咲良(熊本)

泉(富山) 15 – 6 まおまお(宮城)

2回戦

9月27日

大崎高専(長崎) 10 – 3 一乗谷(福井)⑧

幕張(千葉) 6 – 8 極悪(愛知)

浄西学園(滋賀) 2 – 2 咲良(熊本)
※抽選で咲良の勝利

森具(兵庫) 3 – 5 泉(富山)

準決勝

9月29日

大崎高専(長崎) 5 – 11 極悪(愛知)

泉(富山) 7 – 9 咲良(熊本)

決勝

9月30日

咲良(熊本) 0 – 10 極悪(愛知)⑤

コメント

タイトルとURLをコピーしました